美しさの悩みは美容整形へ相談しよう|東京で人気の整形手術

目元を整形するための手術

レディ

まぶた整形を行なう女性の数はとても多く、東京の美容整形でもまぶた整形は多数実施されています。まぶた整形は一重まぶたを二重にしたい時や、目元のシワを解消したい時などに利用されています。それぞれのコンプレックスを解消して目元を美しい状態に保ち、女性らしく可愛らしい顔を演出することが可能です。まぶた整形には埋没法と切開法の2パターンが存在しており、まぶたの形状や目的に合わせて施術を選ぶことができます。まぶたを整形したいがなるべく肌を傷付けたくない方には、埋没法を使ったまぶた整形がとても有効です。埋没法は東京の美容整形で人気の整形手術であり、皮膚を切らずに行なえるまぶた整形として話題を集めています。医療用の糸をまぶたに止めて二重のラインを作る施術であり、数十分で施術を完了させることが可能です。人によっては施術後に腫れや痛みが生じることもありますが、こうした症状を感じることはほとんどありません。埋没法は糸で二重まぶたを作る施術であるため、糸を取ってしまえばまぶたを元の状態に戻すことができます。そのため試しにまぶた整形を実施してみたい方や、整形手術に不安を感じている方にも適した施術です。施術費用も安く設定されているため、現在はまぶた整形を行なう方の多くがこの埋没法を選択しています。なるべく手頃な費用でまぶた整形を行ないたい方は埋没法を選択し、それぞれの希望に合った形へまぶたを変形させましょう。

切開法はまぶたを切って縫い合わせることで二重ラインを作る施術であり、皮膚を切開するため施術後にはダウンタイムが発生します。簡単に二重まぶたを作ることができる埋没法は非常に人気ですが、まぶたが厚い方や腫れぼったい目元の方は埋没法を実施することができません。まぶたが厚いと糸を止めることができず、施術を実施してもまぶたが元の状態に戻ってしまうためです。そのため東京ではまぶたの厚い方や腫れぼったい目元の方にまぶた整形を行なう際、この切開法を使ったまぶた整形を実施してます。切開法には部分切開と全切開の異なる施術パターンが存在しており、施術の際はそれぞれのまぶたに適した施術を行ないます。切開法によって作られた二重まぶたは形状が崩れにくく、長い間美しい二重まぶたを維持することが可能です。しかし反面施術後のダウンタイムが長いため、施術を受けた後はしっかりアフターケアを行なわなければいけません。一部の美容整形は充実したアフターケアを提供しており、初めて利用する方でもきちんとしたケアを実施することができます。東京の美容整形でまぶた整形を受ける際は適切なアフターケアを提供してもらい、美しい状態のまぶたを維持できるようにしましょう。また施術にまぶたを元に戻すことはできないため、施術の際は仕上がりイメージをきちんと確認しておかなければなりません。最近は仕上がりイメージを見せてくれるクリニックが登場しているため、事前にまぶたの仕上がり具合を入念にチェックすることができます。

Back to Top